勤怠管理システムを使えば会社のお金や時間の計算がとても楽になる

サイトマップ

重ね合わせた手

勤怠管理システムを使うと一体何が変化するのか?

メモを取る

人事労務部の皆さん。労務管理、勤怠管理はどうしてますでしょうか?まだ従来型のタイムカード方式や紙方式でしょうか?
ぜひクラウド型の労務管理、勤怠管理システムを導入して見てください。現在のクラウド型の勤怠管理システムでは携帯やタブレットなどで、従業員が自分で出退勤時間を打刻する事が出来ます。
従来型の方式では従業員がタイムカードのある場所まで行って打刻せねばならず、また、事務の人がタイムカードに記録された時間をパソコンに入力し直さなければならず、そのための手間や時間が掛りました。
勤怠管理システムがあれば、それを削減する事が出来ますし、労務状況をリアルタイムで知る事が出来ますので、気付いたら従業員の1ヶ月の残業時間が法律で決められた時間を超えていたという事も防げます。
打刻間違いや漏れがあれば従業員がすぐ自分で修正する事が出来ます。打刻の方法は他に、ICカード、パソコン、顔認証など働き方に合わせて選ぶ事が出来ます。他には休暇の申請、休日出勤、残業の申請、シフト管理などもweb上からする事が出来きます、社内メール機能などもあり便利です。費用は余計なコンピュータのいらないクラウド型のシステムで従業員1人当り月額300円~です。

Recent Posts

メモを取る

勤怠管理システムを使うと一体何が変化するのか?

人事労務部の皆さん。労務管理、勤怠管理はどうしてますでしょうか?まだ従来型のタイムカード方式や紙方式でしょうか?ぜひクラウド型の労務管理、勤怠管理システムを導入して見てください。現在のクラウド型の勤怠管理システムでは携帯やタブレットなどで、従業員が自分で出退勤時間を打刻する事が出来ます。従来型の方式では従業員がタイムカードのある場所まで行って打刻せねばなら…