勤怠管理システムを使えば会社のお金や時間の計算がとても楽になる

サイトマップ

重ね合わせた手

クラウド勤怠管理システムを導入するメリット

コーヒーを飲む女性

クラウドの勤怠管理システムを導入することによって得られるメリットについては計り知れません。
勤怠管理システムのメインとなる出退勤の管理では、出退勤の他、残業、振替休暇、代休、そして休暇。会社の勤務体系に合わせた勤怠管理が可能です。ICカードでの打刻によって従業員自身が出退勤時間を書き込むタイムカードの信頼性、パソコンを立ち上げて入力することによって起こるタイムラグなど今まで難しいとされてきた厳密な労務管理が可能になります。上長は勤怠をリアルタイムで閲覧することが出来、適切な労務管理、指導を行うことができます。
また、勤怠データはクラウド上にデータが蓄積されるため、紙による管理がなくなりペーパーレス化にも繋がり、表計算ソフトなどのデータに出力することも出来るので業務工数の分析、給与計算する際にもデータをイチから入力する必要もなし。人事担当者の負担軽減にも繋がります。
最大のメリットはシステムが法改正に自動的に対応すること。法改正でのシステムの変更、改修は必要ありませんし、更新情報にて法改正でどういったシステムの変更がされているのかそれを確認するだけ。勤怠システムを導入することによって社員全体の負担の軽減、そして残業の軽減にも繋がっていきます。是非、ご検討下さい!

Recent Posts

メモを取る

勤怠管理システムを使うと一体何が変化するのか?

人事労務部の皆さん。労務管理、勤怠管理はどうしてますでしょうか?まだ従来型のタイムカード方式や紙方式でしょうか?ぜひクラウド型の労務管理、勤怠管理システムを導入して見てください。現在のクラウド型の勤怠管理システムでは携帯やタブレットなどで、従業員が自分で出退勤時間を打刻する事が出来ます。従来型の方式では従業員がタイムカードのある場所まで行って打刻せねばなら…