勤怠管理システムを使えば会社のお金や時間の計算がとても楽になる

サイトマップ

重ね合わせた手

会社の業務効率化に役立つ勤怠管理システムについて

キャリアウーマン

人事部だけでなく、会社全体の業務効率を上げるのに役立つ勤怠管理システム。勤怠管理システムを導入することにより生じるメリットを5つ挙げてみましょう。
まず第1のメリットは、社員の出退勤時間の労務管理が楽になること。出退勤時刻の記録はこれまでタイムカードへの打刻が一般的でしたが、給料計算のたびに社員全員のタイムカードを収集し、その上で一つ一つ集計しなければなりませんでした。勤怠管理システムの場合、ICカードを使って打刻するので、収集・集計の手間がなく、労務管理業務は簡素化されます。
第2のメリットは、社員自ら有休休暇申請や残業申請などの申請をシステム上で行えること。これは社員だけでなく、入社予定の方でも同様で、入社時に必要な書類の提出なども行うことができます。給与明細も自動で発行できるので、この点でも雇用者と社員の双方にメリットが生じます。
第3のメリットは、社員への通達などを自動で一斉に行えること。これにより、紙の書類作成のコストを削減できます。
第4のメリットは、社員の勤務状態を正確に把握できるため、勤務スケジュームが建てやすくなること。シフト制や夜勤のある職場に便利な機能です。第5のメリットは、会社の部署すべての勤務状態を見える化できること。システム上でリアムタイムで状況を確認できます。

Recent Posts

メモを取る

勤怠管理システムを使うと一体何が変化するのか?

人事労務部の皆さん。労務管理、勤怠管理はどうしてますでしょうか?まだ従来型のタイムカード方式や紙方式でしょうか?ぜひクラウド型の労務管理、勤怠管理システムを導入して見てください。現在のクラウド型の勤怠管理システムでは携帯やタブレットなどで、従業員が自分で出退勤時間を打刻する事が出来ます。従来型の方式では従業員がタイムカードのある場所まで行って打刻せねばなら…